トップページ ひとしずく 支援先受賞者を探す
社会課題に立ち向かう方々を応援するサイト

社会課題に立ち向かう方々を応援するサイト
  • 第55回(2020年度) 社会貢献者表彰 受賞者
  • NPO法人 10代・20代の妊娠SOS新宿-キッズ&ファミリー (東京都)
    10だい・20だいのにんしんエスオーエスしんじゅく キッズアンドファミリー
    (理事長 佐藤初美)
  • 活動分野 人権 子ども・教育・家族 犯罪(被害・加害)
  • 活動エリア 北海道 東北 関東 中部 近畿 中国 四国 九州 沖縄
  • お願いごと 寄付金お待ちしています
  • 【 受賞時功績 】
    虐待や問題のある家庭環境で育った中高生や、望まない妊娠や性被害を受けた若者のために、新宿区で24時間年中無休で相談窓口を設けSOSに対応している。様々な機関と連携し、寄り添いと伴走を大切にしながら相談者が自ら結論を出せるようサポートしている。 受賞者紹介・手記ページ
  • 法人を設立してこの4月で8年目を迎えました。2022年1月から再開した歌舞伎町夜間パトロールと夜間相談所(毎週末金曜日と土曜日の20時から24時)の活動の中で、歌舞伎町を彷徨って生きるしかなく、将来や生きることも諦めている若年女性の中で、私たちにつながり福祉を利用しながら昼間の社会に戻っていく女性たちの姿を見て「諦めなくてもいいんだ」と思えるようになっています。
    3月も、みなさまのご寄付で支援をしている女性たちが相次いで無事に出産を終えることができました。みなさまのご支援に心よりお礼申し上げます。私たちの法人に辿り着く若年女性たちは、幼少期から虐待を受け続け複数の精神疾患を抱えていたり中には、発達障害や知的障害を抱えている女性もいます。
    その中で「子どもは自分のような目にあわせたくない。でも、自分も親のようになったらどうしよう」と不安や葛藤を抱えています。私たちは、それぞれの親子に応じて必要なきめ細かなフォローを行いながら育児が可能になるように24時間不安や相談に応じ支えています。
    しかし、支援者の中には、「親なのだから全部自分でできないと。だから、フォローをあまりしないで」と私たちに釘をさしてくる自治体もあります。私たちの法人が継続支援をしている若年ママたちは、風俗で生きるしかない状況の中で、自分で育てる選択をして悪戦苦闘をしながら育児をする中で風俗から卒業をしています。
    「0日0か月児の虐待死を予防し、若年ママも赤ちゃんたちの命と人権を守り健やかに育つように寄り添い支えていく」ことが法人の目的です。
  • 寄付金をお待ちしています
    (寄付のお願い)
    10代と20代前半の若年女性及び若年母子家庭の相談支援を行っています。
    全ての支援を無料で行っており、みなさまからのご寄付で賄っています。認定NPO法人ですので、頂きましたご寄付は、確定申告で寄付控除になります。
    個人及び企業、団体、法人のみなさまのご寄付をお願い申し上げます。
    (物品支援)
    お米の寄附を、募っています。物価高騰の中で若年母子の生活が益々苦しくなっており、お米を希望する家庭が増え、今まで法人に個人が寄付して下さっているお米では足りなくなっています。できれば、5Kgの小袋でいただけますと助かります。
    (ボランティア募集)
    月に2~3回、土日の午後を使って食品及び育児用品、生理用品を仕分けし、継続支援している若年母子家庭に届けています。毎回、5~6人はボランティアが必要です。お手伝いをして下さる方を募集中です。
    (ご支援は、ホームページ・SNS等で詳細をご確認いただき、受賞者へご連絡のうえ行ってください)
  • 連絡方法
    ホームページよりご連絡ください。
  • ホームページ
    にんしんSOS新宿
  • SNS
情報更新:2023年4月(12556
過去10年間の受賞者(東日本大震災関連を除く)を対象にアンケート調査を実施し情報を掲載しています(随時更新予定)。
受賞者名の 「特定非営利活動法人」は「NPO法人」に表記を統一しています。