トップページ ひとしずく 支援先受賞者を探す
社会課題に立ち向かう方々を応援するサイト

社会課題に立ち向かう方々を応援するサイト
いま必要なものがあります!
92 件 該当しました。(92 件中 41 - 50 件を表示)
条件を指定して絞り込む(クリックタップしてください)

活動分野(選択してください)

お願いごと(選択してください)

活動エリア(選択してください)

検索ワードで絞り込み

  • 第49回(平成29年度) 社会貢献者表彰 受賞者
  • NPO法人 CCV (栃木県)
    シーシーブイ
    (理事長 福田由美)
  • 活動分野 社会・福祉 子ども・教育・家族
  • 活動エリア 関東
  • お願いごと 必要なものがあります ボランティア・プロボノ募集 スタッフ・後継者求む
  • 【 受賞時功績 】
    栃木県鹿沼市で、不登校、ひきこもり、発達障害などの子どもや若者、障がい者の就労、生活支援などに地域ぐるみで取り組んでいます。代表の福田さんが小学校教諭だったころ、発達障がいについて学び、集団生活が苦手な子どもに個別指導をしていたことが活動のきっかけです。 受賞者紹介・手記ページ
  • 新しい不登校対応の居場所「ほわっと自然村」ができました。これから自由教育を推進するため講演会を実施、その後、学校法人を設立したいと考えています。是非その際は、人的、物的支援をお願いします。
  • (受賞者から情報が届き次第掲載いたします)
  • 連絡方法
    ホームページよりご連絡ください。
  • ホームページ
    NPO法人 CCV
  • SNS
情報更新:2021年8月(12335
  • 第48回(平成29年度) 社会貢献者表彰 受賞者
  • 認定NPO法人 ジャパンハート (東京都)
    (代表 吉岡春菜)
  • 活動分野 国際協力・多文化共生 医療・難病
  • 活動エリア 海外
  • お願いごと 必要なものがあります ボランティア・プロボノ募集 スタッフ・後継者求む
  • 【 受賞時功績 】
    2004年に小児外科医の吉岡秀人医師が中心となって設立した医療ボランティア組織。ミャンマー、カンボジア、ラオスなど、主に東南アジアでの貧困層を対象とした医療活動と医療人材の育成、また各国のニーズに対応した子ども養育施設の運営、視覚障がい者自立支援、ASEAN圏内の大規模災害に対する国際緊急救援活動など、多岐に渡る活動をしている。 受賞者紹介・手記ページ
  • ○全国各地にて新型コロナウイルス感染症のクラスターが発生する中、4月現在で40箇所への医療者派遣を行ってまいりましたが、看護師などの人員、現場への支援物資などが不足しています。
    また、支援活動の拡大に伴い職員の雇用を進めており、ジャパンハートのビジョン、ミッションを共有できる人材を求めています。
  • ○看護師などの人員、現場への支援物資
    ○ジャパンハートのビジョン、ミッションを共有できる人材
    (ご支援は、ホームページ・SNS等で詳細をご確認いただき、受賞者へご連絡のうえ行ってください)
  • 連絡方法
    ホームページよりご連絡ください。
  • ホームページ
    国際医療協力・海外医療ボランティア医師団 | ジャパンハート JAPAN HEART
  • SNS
情報更新:2021年7月(12277
  • 平成27年度 社会貢献者表彰 受賞者
  • ジャパンマック福岡(NPO法人 ジャパンマック) (福岡県)
    ジャパンマックふくおか
    (代表 伊藤達雄)
  • 活動分野 医療・難病
  • 活動エリア 九州
  • お願いごと 必要なものがあります
  • 【 受賞時功績 】
    福岡に開設され、様々な依存症からの回復をサポートしている。「ジャパンマック」の中でも、女性特有の依存症に配慮し、女性だけのミーティングを週一回開催している。また同県で初めて女性依存症者のためのグループホームの運営を行っている。 受賞者紹介・手記ページ
  • 食料品(お米が助かります)
    (ご支援は、ホームページ・SNS等で詳細をご確認いただき、受賞者へご連絡のうえ行ってください)
  • ホームページ
    ジャパンマック福岡
情報更新:2021年7月(12182
  • 平成25年度 社会貢献者表彰 受賞者
  • 神 幸雄 (神奈川県)
    じん ゆきお
    (川崎市役所/NPO法人 CPサッカー&ライフ エスペランサ)
  • 活動分野 社会・福祉 子ども・教育・家族
  • 活動エリア 関東
  • お願いごと 寄付金お待ちしています 必要なものがあります ボランティア・プロボノ募集
  • 【 受賞時功績 】
    日本は未出場である脳性まひ者7人制サッカーのパラリンピック出場を目指し、日本脳性麻痺7人制サッカー協会を設立して、同協議の普及発展、障がい児スポーツの環境充実に尽力している 受賞者紹介・手記ページ
  • 寄付金をお待ちしています
    NPO法人CPサッカー&ライフ エスペランサでは、
    ○寄付金を受け付けています
    ※会場費や運営費にあてるため
    ○広報(SNS発信等)ボランティアを探しています。
    ○サッカーができる会場(グラウンド,体育館)を探しています。
    (ご支援は、ホームページ・SNS等で詳細をご確認いただき、受賞者へご連絡のうえ行ってください)
  • ホームページ
    NPO法人 エスペランサ
  • SNS
情報更新:2021年7月(12059
情報更新:2021年8月(12378
情報更新:2022年9月(11905
  • 平成26年度 社会貢献者表彰 受賞者
  • 医療法人 聖粒会 慈恵病院 (熊本県)
    せいりゅうかい じけいびょういん
    (蓮田 健)
  • 活動分野 子ども・教育・家族
  • 活動エリア 九州
  • お願いごと 必要なものがあります
  • 【 受賞時功績 】
    平成19年に熊本県で全国で初の親が養育できない新生児を受け入れる「こうのとりのゆりかご」を設置。生んでも育てられないなどの悩みを抱えた女性に対して電話相談や特別養子縁組など女性や生まれてくる子どもに寄り添った活動を続けている 受賞者紹介・手記ページ
  • 以下の物をご寄付いただけると嬉しいです。
    ・赤ちゃんのお洋服、オムツ、おしりふき
    ・母乳パッド、生理用ショーツ、生理用品(夜用)
    (ご支援は、ホームページ・SNS等で詳細をご確認いただき、受賞者へご連絡のうえ行ってください)
  • ホームページ
    慈恵病院
情報更新:2021年7月(12138
  • 第54回(2020年度) 社会貢献者表彰 受賞者
  • 認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを 日本委員会 (東京都)
    せかいのこどもにワクチンを にほんいいんかい
    (会長 細川佳代子)
  • 活動分野 国際協力・多文化共生 医療・難病 子ども・教育・家族
  • 活動エリア 海外
  • お願いごと 寄付金お待ちしています 必要なものがあります
  • 【 受賞時功績 】
    ワクチンで助かる小さな命を守るため、1994年から個人や企業の寄付、ペットボトルキャップなどの回収協力を募り、途上国への子どもワクチン支援活動を実施。26年にわたる活動で、ワクチンで予防できる感染症で命を落とす子どもの数、1日8,000人から4,000人への半減に寄与した。 受賞者紹介・手記ページ
  • 〇団体の認知度向上、活動のプロモーション強化
    〇ペットボトルのキャップの回収・リサイクルによる子どものワクチン支援活動の推進
  • (受賞者から情報が届き次第掲載いたします)
  • 連絡方法
    ホームページよりご連絡ください。
  • ホームページ
    世界の子どもにワクチンを 日本委員会
  • SNS
情報更新:2021年7月(12511
  • 第55回(2020年度) 社会貢献者表彰 受賞者
  • NPO法人 セカンドハーベスト京都 (京都府)
    セカンドハーベストきょうと
    (理事長 澤田政明)
  • 活動分野 生活・文化
  • 活動エリア 近畿
  • お願いごと 寄付金お待ちしています 必要なものがあります
  • 【 受賞時功績 】
    食品関連企業などから未利用の食品の提供や市民からの食品の寄付を集め、それを必要とする団体や施設へ無償で提供する活動を行っている。 受賞者紹介・手記ページ
  • 〇食品の寄贈【米、レトルト食品、インスタント食品、缶詰(加工食品は賞味期限1ヶ月以上あり未開封未使用のもの)】
    〇京都府内でパートナーとしてフードドライブやフードパントリーと実施してもらえる団体
    〇京都市内か宇治市内で倉庫として使える建物
    (ご支援は、ホームページ・SNS等で詳細をご確認いただき、受賞者へご連絡のうえ行ってください)
  • 連絡方法
    ホームページよりご連絡ください。
  • ホームページ
    フードバンク - セカンドハーベスト京都
  • SNS
情報更新:2021年7月(12574
  • 第47回(平成28年度) 社会貢献者表彰 受賞者
  • 社会福祉法人 仙台いのちの電話 (宮城県)
    せんだいいのちのでんわ
    (代表 飯岡智)
  • 活動分野 人権
  • 活動エリア 東北
  • お願いごと 必要なものがあります
  • 【 受賞時功績 】
    全国で15番目のいのちの電話センターとして仙台市に1982年に開局された。電話相談の他に、自死遺族支援の「すみれの会」の運営やインターネット相談なども行う 受賞者紹介・手記ページ
  • ○相談業務の柱は3本 (1.電話相談 2.メールによる相談 3.自死遺族支援)
    これらの業務にあたる相談員は全くボランティアであり、重い相談に精神が疲弊する時もあり、相談員の心の安定を維持しながらの活動でもあります。相談員が対応する電話には様々なものがあり、常日頃より研修を通して学んだり、同志の相談員との語り合いが非常に重要である。これらのことを担保するためには、現在ほとんど無償の形で担当いただいている先生方への奉仕金についても考慮が必要と思われる。
    (無償のボランティアによる講習もいいが、時間単位3,000円程度は支給したいものです。)
    ○コロナ感染防止の観点からエアーチェッカーCo/Co2メーター(¥49,900(税別))とCo2モニター(¥89,900(税別))を要望します。
    (ご支援は、ホームページ・SNS等で詳細をご確認いただき、受賞者へご連絡のうえ行ってください)
  • ホームページ
    社会福祉法人 仙台いのちの電話
情報更新:2021年7月(12242
過去10年間の受賞者(東日本大震災関連を除く)を対象にアンケート調査を実施し情報を掲載しています(随時更新予定)。
受賞者名の 「特定非営利活動法人」は「NPO法人」に表記を統一しています。