トップページ ひとしずく 支援先受賞者を探す
社会課題に立ち向かう方々を応援するサイト

社会課題に立ち向かう方々を応援するサイト
災害・防災
16 件 該当しました。(16 件中 11 - 16 件を表示)
条件を指定して絞り込む(クリックタップしてください)

活動分野(選択してください)

お願いごと(選択してください)

活動エリア(選択してください)

検索ワードで絞り込み

  • 平成26年度 社会貢献者表彰 受賞者
  • 福住町町内会 (宮城県)
    ふくずみまちちょうないかい
    (代表 菅原康雄)
  • 活動分野 地域活動 災害・防災
  • 活動エリア 東北
  • お願いごと
  • 【 受賞時功績 】
    仙台市宮城野区で、「日本一災害に強い町内会」を目指して日頃から防災訓練等を重ねていた結果、東日本大震災発生時には行政の支援を待たず避難所を開設し、炊き出しを行い、他の避難所を支援できるほどだった。 受賞者紹介・手記ページ
  • (受賞者から情報が届き次第掲載いたします)
情報更新:2021年7月(12111
  • 平成26年度 社会貢献者表彰 受賞者
  • 藤田 裕喜、藤田 孝子 (宮城県)
    ふじた ゆうき、ふじた たかこ
  • 活動分野 地域活動 災害・防災
  • 活動エリア 東北
  • お願いごと
  • 【 受賞時功績 】
    気仙沼市で新聞販売店を営みながら自ら編集したコミュニティ紙「ふれあい交差点」を発行している。東日本大震災発生後は安否情報等を盛り込んだ災害特別号を発行し、地域住民の貴重な情報源となった。 受賞者紹介・手記ページ
  • 「ふれあい交差点」は令和3年3月17日付発行の495号まで災害特別号の呼称を冠していたが、震災発生後10年を機にはずしました。それ以降も折々のメッセージ、情報を掲載して発行し、令和4年3月16日付で507号に至ります。
  • (受賞者から情報が届き次第掲載いたします)
情報更新:2022年6月(12110
  • 第56回(2021年度) 社会貢献者表彰 受賞者
  • 災害NGO 結 (沖縄県)
    さいがいえぬじーおーゆい
    (代表 前原 土武)
  • 活動分野 災害・防災
  • 活動エリア 北海道 東北 関東 中部 近畿 中国 四国 九州 沖縄
  • お願いごと
  • 【 受賞時功績 】
    2011年から災害ボランティア活動で培った経験を元に、日本各地で災害が発生すると直ちに現地入りして状況の把握と情報収集を行い、全国から集まったボランティアの調整を行い、混乱する行政や社協などの復旧活動が円滑に進むような仕組みづくりをするなど、災害支援のプロとして活動しています。 受賞者紹介・手記ページ
  • 佐賀県大町町にて、災害支援研修センター(仮)の設立にむけて、地元団体(SPF)のサポート・アドバイスを実施中です。
    2022年3月16日の東北の地震対応のために現地入り。
    今後何ができるか検討中。
  • (受賞者から情報が届き次第掲載いたします)
  • 連絡方法
    ホームページよりご連絡ください。
  • ホームページ
    災害NGO結
  • SNS
情報更新:2022年7月(12609
  • 第51回(平成30年度) 社会貢献者表彰 受賞者
  • 早大防災教育支援会(WASEND) (東京都)
    そうだいぼうさいきょういくしえんかい(わせんど)
  • 活動分野 国際協力・多文化共生 災害・防災
  • 活動エリア 海外
  • お願いごと 仲間になりませんか
  • 【 受賞時功績 】
    早稲田大学社会環境工学科の学生が中心となって、日本国内のみならず、インドネシア、フィリピンの子どもたちを対象に、地域に適した防災教育を行っています。2004年インドネシア・スマトラ島沖地震で被災した少女の「なぜ日本は地震の経験を伝えてくれなかったの」という言葉から始まった活動です。 受賞者紹介・手記ページ
  • コロナ禍で海外に出向いての活動は出来ない中、国際活動としては、大学の留学生に向け、防災についてオンライン丈でレクチャーをしたり、国内では小学校や防災イベントのボランティアを通じ、ありとあらゆる人に防災教育を届ける支援を続けています。
  • (受賞者から情報が届き次第掲載いたします)
  • 連絡方法
    ホームページよりご連絡ください。
  • ホームページ
    早大防災教育支援会 WASEND
  • SNS
情報更新:2022年7月(12391
  • 平成27年度 社会貢献者表彰 受賞者
  • 渡邉 修次(やまもと語りべの会) (宮城県)
    わたなべ しゅうじ
  • 活動分野 生活・文化 災害・防災
  • 活動エリア 東北
  • お願いごと 寄付金お待ちしています 必要なものがあります スタッフ・後継者求む
  • 【 受賞時功績 】
    東日本大震災発生時、宮城県山元町立山下中学校の校長として、同校が避難所となった際、750名の避難者を抱える施設の運営の陣頭指揮を執った。退職後は、震災を風化させないために「やまもと語りべの会」などの団体を設立し活動している。 受賞者紹介・手記ページ
  • 寄付金をお待ちしています
    ○寄付金を受け付けています
    ○助成金を受け付けています
    ○いただいた寄付や支援金を、青少年等に防災士資格を取得させ、地域防災や地区のリーダーとしての資質を高め、将来への希望につなげられたらと思う。若い人たちに力を貸してください。
    (ご支援は、ホームページ・SNS等で詳細をご確認いただき、受賞者へご連絡のうえ行ってください)
  • ホームページ
    やまもと語りべの会
情報更新:2021年7月(12183
  • 第51回(平成30年度) 社会貢献者表彰 受賞者
  • NPO法人 わたりグリーンベルトプロジェクト (宮城県)
    (代表理事 片岡義隆)
  • 活動分野 災害・防災
  • 活動エリア 東北
  • お願いごと 必要なものがあります スタッフ・後継者求む
  • 【 受賞時功績 】
    東日本大震災で流出した防潮林の再生を、わずかに残った木から種を採取し、苗木を育て植樹する取り組みを行っています。2020年までに14.1ヘクタールの植樹を目指しています。また自力復興していくため、遊休農地と、砂地を利用した落花生の生産と加工品づくりに向けた活動を始めています。 受賞者紹介・手記ページ
  • ○職員2名求む(但し、資金が乏しい)
    ・1名 企画運営が出来る人
    ・1名 農業をしたい人、特に落花生の栽培
    ○拠点が必要
    ・後継者 30~50才
    ・活動の拠点(建物)
    (ご支援は、ホームページ・SNS等で詳細をご確認いただき、受賞者へご連絡のうえ行ってください)
  • 連絡方法
    ホームページよりご連絡ください。
  • ホームページ
    わたりグリーンベルトプロジェクト
情報更新:2021年7月(12415
過去10年間の受賞者(東日本大震災関連を除く)を対象にアンケート調査を実施し情報を掲載しています(随時更新予定)。
受賞者名の 「特定非営利活動法人」は「NPO法人」に表記を統一しています。