www.fesco.or.jp
トップページ > 受賞者について > 受賞者紹介

受賞者紹介

平成14年度  第一部門(緊急時の功績・日本財団賞)
くさかえ りつこ
故.草替 律子
(享年71)兵庫県神戸市

功 績 内 容
 平成13年7月21日、兵庫県明石市の大蔵(おおくら)海岸で開催された花火大会会場への歩道橋で、混雑により将棋倒しになった群衆から、偶然隣り合わせたベビーカーの赤ちゃんを守るために身を投げかけて覆い被さり、その命を守ったが、自らは亡くなられた。



草替 律子 さん 平成13年7月21日午後8時40分頃、兵庫県明石市の大蔵(おおくら)海岸からJR朝霧駅に通じる歩道橋(長さ100メートル、幅6メートル)上で、市主催の夏祭り花火大会の見物客が混雑のため将棋倒しになり、死者11人、負傷者222人を出す惨事となった。
 山下 祐喜さんと妻の佳奈さんは、生後2ヶ月の長男の翔馬ちゃんをベビーカーに乗せて花火大会に来ていた。歩道橋は見物客で込み合い、一向に前に進めない。翔馬ちゃんを団扇で扇ぐ佳奈さんに、夫婦で見物に来ていた草替さんが「優しく扇いであげて」と声をかけた。混雑はさらに激しくなり、歩道橋は次第に危険な状況になった。あまりの混雑にベビーカーは佳奈さんの手を離れてしまった。律子さんは「赤ちゃんが殺されてしまう」と叫んで、翔馬ちゃんを守るためにその上に覆い被さった。直後に将棋倒しが発生し、事故は律子さんを巻き込んだ。翔馬ちゃんは軽傷で済んだが律子さんは亡くなった。そのことを佳奈さんは事故を報ずる新聞の顔写真で知ったという。
報道記事
(推薦者 社会貢献支援財団 事務局)