www.fesco.or.jp
トップページ > 受賞者について > 受賞者紹介

受賞者紹介

平成23年度

人命救助の功績

よしだ しゅういち

吉田 秋一

(68歳/北海道恵庭市)

平成23年2月26日14時15分頃、自らが所有し居住するアパートで、2階の住人から警報器が作動しているという報告と、1階の部屋から煙が出ていることを聞きつけ、すぐにその部屋に入り、怯えて動けない男児(5才)を玄関で救出。その後黒煙が充満する部屋に再び入り、足にしがみついてきた女児(1才)を発見し救出した。自身は気管支や顔、網膜に火傷を負い入院となったが、幼児たちは怪我もなく無事だった。

● 推薦者/恵庭市消防本部(全国消防長会)
吉田秋一

2年前に心筋梗塞を患ってペースメーカーを入れており、リハビリのため自宅でくつろいでいた。平成23年2月26日、14時過ぎアパート(恵実ハイツ)2階の住人親子から1階、2階の火災警報器が鳴っていると連絡を受けた。妻と外に出て、住人と妻と3人で各部屋を見て回っているとアパート横を通りがかりの方が、道路側一階部屋の換気孔から煙が出ていると知らされ、1階101号室玄関前に行くと、玄関のドアが10cmほど開き、5歳の男児がドアの隙間から顔を出し、すぐに閉め部屋に入ってしまった。ドアの隙間からは黒煙が出ており、私は玄関を開け男の子を追いかけて抱き上げ、妻に手渡して部屋に戻り、1歳の女の子を探したが、黒煙と炎で周りが見えず手探りでフローリングを一周回り、内側ドアの辺りで柔らかいものが膝に当たり、小さな手が膝にしがみ付いてきた。

私は、「子どもだ」と思い抱き上げた。子どもは泣くわけでもなく、ビックリしていた。

子どもを妻に手渡し、もう一度中に入った。人がいないか確認したが、中は黒煙、炎で前が見えず息苦しく外に飛び出した。近所の人が心配そうに、下の子の救出の時は「まだ人がいたんだ」とビックリしていたそうだ。

1才の女児がいたところ
1才の女児がいたところ

近所の方々の手伝いで2人の救出ができたと思う。その後消防車、救急車が来て消火により鎮火、2人の子どもは救急隊の人が病院に連れて下さった。火傷、怪我もなく安心した。

私は救急車で病院へ。顔、目、耳、手に火傷を負った。

目の中は白くなり、周りが見えず、顔と耳からリンパ液が流れ落ちていたそうだ。

ICU室で3日間治療し、煙を吸い込んだせいか、ICUにいる間、咳、タンが出て辛い3日間だった。2週間ほど入院し、退院後火災にあった部屋を見たが火災の恐ろしさを実感した。

ライターによる事故で小さな命が亡くなっているので、大人や喫煙者は十分気を付け、点火しやすい物は子どもの手が届かない所に置いてほしい。

2人の子どもを救出できたことは大変嬉しい。

将来ある宝物の子どもが無事で安心した。

  • 吉田秋一さん
    吉田秋一さん
  • 1階の出火地点
    1階の出火地点

Shuichi Yoshida

(Age 68 / Eniwa City, Hokkaido)
At around 2:15 p.m. on February 26, 2011, Mr. Yoshida, in the apartment building that he owns and lives in, was notified by a second-floor tenant that an alarm had gone off and smoke was issuing from a first-floor room. Mr. Yoshida immediately went to the room and rescued a boy (5) in the entryway who was frightened and couldn't move. Afterwards he went back into the room, now filled with black smoke, and rescued a girl (1) who, upon seeing him, clung to his leg. He suffered burns to his bronchial tubes, face and retinas, and ended up being hospitalized for 19 days. But the children were safe and unharmed.
Nominator: Eniwa City Fire Department (Fire Chiefs' Association of Japan)