www.fesco.or.jp
トップページ > 受賞者について > 受賞者紹介

受賞者紹介

平成14年度   第二部門(多年にわたる功労・日本財団賞)
みさわ ひろたか
三澤 博敬
(昭 9.11.20生)新潟県新潟市

功 績 内 容
 昭和49年、新潟市において相次ぐ水難事故から子供を守るために「背の立たない海の中で、5時間生きていられる」ことを目的として水泳教室を開設した。以来28年間、夏休みに入ると数十人の子供たちを集めて海の中で指導を行い、毎年8月初旬に5時間遠泳大会を開催し、水難事故の防止に貢献している。



三澤 博敬 さん 三澤 博敬さんは、新潟県立有明台小学校に教員として勤めていた昭和49年、子供の教育方法に感動した父母から要望され、海での水泳教室を開設した。当時は市の中央を流れている信濃川でボート部員が二人も溺死したり、日本海で親が目を放した隙に子供が流されたりなど、毎年のように水難事故があり、新聞をにぎわしていた。子供を水の事故から守るには、「背の立たない海の中で、5時間生きていられる」子にする以外ないという信念で、夏休みに入ると数十人の子供たちを集め、関屋浜の海で指導をしてきた。その成果の発表として、毎年8月初旬に5時間遠泳大会を開催、以後28年間休むことなく、また一回の事故もなく続けてきた。遠泳大会は戦前からの新潟市の伝統行事だったが、戦後になってからは行われなくなっていた。
 三澤さんの教室や大会は、天候に関係なく開かれた。遊泳禁止の日でも、海の荒れた日にも子供が溺れないようにと、テトラポッドの内側で練習させている。三澤さんの方針は、早く泳ぐことではなく、着衣でも生きていられるように立ち泳ぎ・浮き身の指導から始まり、平泳ぎ、横泳ぎ、溺者救助法、溺者水中搬送、人工呼吸と多岐にわたっている。また遠泳大会開始前には、子供が溺れた母親を救助するというデモンストレーションを毎年披露している。現在67歳、教職を退いた後も活動を続け、遠泳の他、ヨットの指導や秋になるとスケート指導、冬にはスキー合宿と、一年じゅう子供や父母の指導に情熱を燃やしている。
(推薦者 福原 和夫)