www.fesco.or.jp
トップページ > 受賞者について > 受賞者紹介

受賞者紹介

平成14年度   第三部門(特定分野の功績・21世紀若者賞)
おおがきれんげかい
大垣れんげ会の
若者ボランティアスタッフ
岐阜県大垣市

功 績 内 容
 平成3年、不登校の子供の自立支援のために結成された大垣れんげ会は、大学生などを中心とする若いボランティアスタッフたちが主力となって運営されている。サマースクールなどボランティア活動の体験を通して、子供たちとの交流を深め、スタッフ、子供たち共に成長を遂げている。



代表 桜井勝也 さん
代表 桜井勝也 さん
 文部科学省の発表によると、現在、不登校の小中学生は、全国で13万人を越えると言われている。大垣れんげ会は、「不登校」という言葉がまだ一般的でなかった平成3年に、不登校の子どもの自立支援を主目的に結成された。最初、スタッフは高校教員3名だけであったが、翌年から、3名の大学生のボランティアスタッフが加わった。これより後、大学生ら若者の力によって、月2回の「子どもの会」が運営されてきた。ここでは、まず子どもたちの心を全面受容し理解することから始め、子どもたちが生き生きできるようにプログラムが考えられている。不登校の子どもたちにとって、ボランティアスタッフの若者は、いわば「お兄さん」や「お姉さん」役である。
 また平成6年からは毎年、不登校の子どもたちと一緒に、夏の合宿(サマースクール)を行ってきた。最後の別れでは子どもたちも若者のスタッフも、ぼろぼろ涙を流すほどで、この体験を通じて、不登校の子どももスタッフの若者も、人間的に大きく成長してきている。子どもたちの中には、夏に3週間タイの小学校建設のボランティア活動を行ったり、母子寮で毎月1回、ボランティアを始めたりする子も生まれている。現在、スタッフの若者は35名程であり、これまでの総計は80名を越えている。
(推薦者 田中 三千江)