www.fesco.or.jp
トップページ > 受賞者について > 受賞者紹介

受賞者紹介

平成14年度   第三部門(特定分野の功績・ハッピーファミリー賞)
やまもと きくえ
山本 きく江
(明42.11.26生)静岡県掛川市

功 績 内 容
 明治42年愛知県豊橋市生まれ。24歳で結婚、10人の子供(男5人、女5人)に恵まれる。農業を仕事とし、家事、子育てをこなす。農業を手伝い、アルバイトをして家計を助けた子供10人は、全員大学を卒業した。92歳の現在も農業をして元気に暮らしておられる。



山本 きく江 さん 山本さんは10人の子供(男5人、女5人)を立派に育て上げ、現在も93歳で元気に農業をしている。愛知県豊橋市で明治42(1909)年、銀行員を父とする岡本家の長女として生まれた。妹2人弟3人の6人兄弟だったので、苦学をして女学校を卒業後、地元の小学校の教員として勤め、小さな弟や妹の面倒を良く見て家計を助けた。
 24歳の時、山本順蔵さんと結婚し、静岡県掛川市へ住所を移すと同時に女学校の教員を止め、家庭に入り、子育てと、家事及び農業を仕事とした。夫が富士宮農学校や稲取高校へ単身赴任(校長)したため、山本さんは、祖父母と10人の子供たちの養育と農業(田・畑・茶畑・山林・養豚)にといそがしい日々を送るようになった。子供10人も、家業の農業を手伝い、生活費を得るために働いた。家計は苦しかったが、子供たちは全員大学を卒業し、成人し、就職することが出来た。
(推薦者 山本 洋司)