トップページ > 受賞者について > 平成25年度受賞者一覧 > NPO法人 海外に子ども用車椅子を送る会

受賞者

平成25年度

社会貢献の功績

かいがいにこどもようくるまいすをおくるかい

NPO法人
海外に子ども用車椅子を送る会

(東京都)

「子ども用車椅子は子の成長ごとに買い替えられるが、費用は国から9割が負担される。壊れていない車椅子を廃棄するのは勿体ないし、税金が捨てられているようなもの。この制度を何とか変えられないか…」と考え、海外の発展途上国に送り届けようと思いつき、平成16年にボランティアグループを設立し、同18年にNPOの認可を受けた。会員は約70人、特別支援学校や個人から提供された車椅子を集め、毎月会員が洗浄、修理、整備して新品同様に仕上げ、南アジア、アフリカ、中南米などの子どもに届ける。同25年3月までに20ヵ国3,145台を送り届けた。贈ったら終わりではなく、あくまでも貸与するもので、破損したら直し、部品を送る、小さくなったら次の子どもに貸与するという仕組みを作っている。

推薦者:片野 智之
NPO法人 海外に子ども用車椅子を送る会 会長 森田 祐和
会長 森田 祐和
ネパール ポカラにて贈呈式(現地NGOへ100台贈呈)
ネパール ポカラにて贈呈式
(現地NGOへ100台贈呈)

小さな車椅子を開発途上国に送り続けて10年近く経過しました。

海外の肢体不自由な子ども達がどんな日常を過ごしているのかは、知られていません。というのも、室外に出る機会も、移動する道具もないからです。

社会で隠蔽されている子どもも多いことでしょう。「存在が明らか」ではない彼らに移動手段である車椅子をお送りし、社会との接点をもっていただき外部に触れていくことは、人間の生活にとっては最も重要であろうと想像します。

たとえ移動できなくてもよいのです。車いすに乗り玄関先に出るだけでも外気に触れることができます。光も風も感じでることができることで鬱屈した毎日が改善できることでしょう。

今回の受賞は、私たちがすすめる活動の支援と激励と受け止め、日々精進していきたいと思います。

森田 祐和

  • エチオピア バハルダールにて車椅子を贈呈し家庭訪問
    エチオピア バハルダールにて車椅子を贈呈し家庭訪問
  • クアラルンプール郊外の障害児福祉施設を見学の森田氏とご子息
    クアラルンプール郊外の障害児福祉施設を見学の森田氏とご子息
  • ベトナム ハノイ北200kmの山村へ家庭訪問
    ベトナム ハノイ北200kmの山村へ家庭訪問
  • ベトナム赤十字が受けてとなり贈呈 ハノイ近郊で家庭訪問
    ベトナム赤十字が受けてとなり贈呈 ハノイ近郊で家庭訪問
  • マレーシアの施設で日本から送った車椅子に乗る地元の少年とご子息
    マレーシアの施設で日本から送った車椅子に乗る地元の少年とご子息
  • 枯葉剤の影響で歩けぬ青年へ贈呈(ハノイ北200kmの山村)
    枯葉剤の影響で歩けぬ青年へ贈呈(ハノイ北200kmの山村)